ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

マーケティングや人間関係に幅広く活用できるザイアンス効果とは何?

別名「単純接触効果」と言われている「ザイアンス効果」について知っていますか。マーケティングや人間関係など様々なシーンで活用できる心理学の法則です。
「ザイアンス効果」とは、興味がないものでも、何度か触れて接触しているうちに関心や好感を持つようになるという人間の心理を活用。商品やサービスを知ってもらう時や恋愛関係や交友関係の場合でも、広く活用できて便利です。
ただし、この「ザイアンス効果」にはメリットだけでなくデメリットもありますので、図解してご紹介します。参考にしてみませんか。

  • 動画で図解を⾒る

導入 ザイアンス効果は「単純接触効果」や「熟知性の原則」とも呼ばれる?

まず「ザイアンス効果」について詳しくご紹介していきます。 「ザイアンス効果」は、「単純接触効果」や「熟知性の原則」と呼ばれています。

とにかくまず触れてもらうことを優先するのが特徴で、接触時間の長さや内容というよりも、知ってもらう回数を増やすのが「ザイアンス効果」「単純接触効果」です。

最初は何とも思っていなくても、何度も触れて馴染んで知っていくことで、親しみが湧き関心が湧いていく心理を利用しています。

この考え方では、商品や企業名をまず知ってもらうことで興味を持ってもらうことを大切します。チラシなども1度では効果がなくても何度も配布することで、商品や企業名を覚えてくれるようになるでしょう。

繰り返すことで効果を発揮することを重要視したものと言えます。

課題 ザイアンス効果のメリットとデメリットとは?

ザイアンス効果のまずメリットですが、少しでも関心を持ってもらうためにとても有効な方法です。

関心がない人に、知ってもらうにはこのザイアンスの効果を活用するのがおすすめです。

「今月は無料キャンペーン」ですと、短期間でできれば何度も広告を打って目に触れるようにするといいでしょう。

そして、デメリットはというと、相手が最初に見た際のファーストインプレッションにもよることです。

最初に嫌悪感を抱かせてしまった場合には、逆効果になる可能性があります。最初の印象や相手の状況などを考えて、ザイアンス効果を狙うかどうかは充分気をつけましょう。

繰り返して見せる頻度やサイクルなどにも気を配り、印象を良くすることが大切です。

解決 ザイアンス効果のビジネスにおいての活用例にはどんな例がある?

ザイアンス効果をビジネスに活用した例は、いろいろあります。

例えば、新商品を出した際には、テレビCMや主題歌などで多くのCMや主題歌を流すことが多いでしょう。何度もそれらに触れることで、多くの人が関心や興味を示すようになります。

まずは「知っている!」ということで愛着が湧き、興味が湧きます。 また、インターネット上で、一度サイトを見た人にその広告を何度も繰り返して見せる「リターゲティング効果」も多く活用される例です。

一度サイトを見た人は少し興味を持っている人ですので、その人に何度も見てもらうことで、印象を強く残すことができます。

ただ、これらの活用例は、気をつけなければしつこい、面倒と思われてしまう可能性があるため注意が必要です。

結論 ザイアンス効果は印象良く活用したい!

ザイアンス効果についてご紹介しました。

何度も触れているうちに、関心や興味を持ってもらうことはとても有効です。マーケティングで活用するのにおすすめの方法です。

特に最近では、インターネットやSNSでそうした効果を狙うことが増えています。LINEなどのSNSで多く顧客に呼び掛けたりすることも増加。何度も顧客の目に触れることで、印象を強く残すことができるでしょう。

しかし、その際にあくまでも嫌な印象にならないようにすることが大切です。繰り返しても嫌な印象にならないように、できれば人を惹きつけるようなアピールをするといいでしょう。

また、繰り返す場合は、相手との関係性も築いていきながら行う方法がおすすめです。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方、マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2022年1月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら