ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

「ストーリーテリング」を活用!ビジネスにストーリー、ビジョンを持たせよう!

最近ではよくビジネスにも、「ストーリーテリング」を活用しようと言われています。「ストーリーテリング」を直訳すると「物語を語ること」ですが、ビジネスでは会社のストーリーや商品開発などのストーリー、ビジョンを語ることを意味します。
最近では、ユーザーとしっかりとした関係を作ることが大切とされ、ブランディングをし、顧客ロイヤルティを高める企業が増加。企業や商品のファンを作ることが重要視されています。

そんな時代に、なぜ今「ストーリーテリング」が必要なのか、実際のビジネス面でのストーリーテリングの行い方について図解します。

  • 動画で図解を⾒る

導入 「ストーリーテリング」とは何か?

「ストーリーテリング」は、ビジネスでは会社や商品にストーリーを持たせて発信することを意味します。会社や商品をアピールする場合に、ビジョンを紹介し、それができるに至ったストーリーを見せることが「ストーリーテリング」と言えます。


よく例として挙げられるのが、Apple社のスティーブ・ジョブズの例です。iPodを新商品として紹介した当時、「1,000曲もの音楽が、あなたのポケットに。」とプレゼンテーションしたのは有名な話です。


製品の機能面だけをアピールするのではなく、そのことによってどのような生活の変化がユーザーに訪れるのか、ストーリーを語ったと言えます。そこにはApple社のビジョンがあり、どんな生活を提供したいのかが見事に表現されていたと言えるでしょう。

課題 「ストーリーテリング」の特徴と必要性!どういう時に使うと効果的?

「ストーリーテリング」は、ユーザーに会社自身や商品・サービスのイメージを作り上げることが可能なのが特徴です。ストーリーとしてビジョンを見せることで、ユーザーにイメージを沸かせ、印象付けることができます。


「ストーリーテリング」では、イメージを印象付け、共感が湧くものとし、記憶に残るようするのが特徴です。会社や商品・サービスの説明、機能などの説明だけでなく、もっとユーザーに寄り添った共感を呼ぶようにアピールするのが「ストーリーテリング」の特徴と言えるでしょう。今多くの企業や商品がある中で、ユーザーの共感を呼ぶことがマーケティングにおいて重要となっています。


具体的に、ストーリーテリングが効果的な場面とは、企業の顧客ロイヤルティを高めたい時です。ストーリーテリングで企業のファンを作っていく方法が注目されています。最近の例では、アマゾンのCMで商品の提供によって、ユーザーが様々な夢を実現していることを具体的に紹介している例があります。


また、企業のビジョンなどを感情的に訴えたい場合にも、ストーリーテリングが効果的と言えます。社会的や、環境的に問題になっている問題を提示して、自社の社会的価値を訴えたり、商品やサービスへの愛を訴えたりするにもいいでしょう。

解決 ストーリーテリングを導入するときのコツとは

ストーリーテリングを導入する際には、誰に対してどんなメッセージを発信したいのか、一貫性を持つことがコツの一つです。ストーリーテリングの対象をしっかりと絞り、そこに向けて訴求することが大切です。


そして、ストーリーを紹介する際はわかりやすく感情に訴えること、共感を呼ぶことが必要と言えます。起承転結のある構成を作り、登場人物の思いや経験・体験などを具体的に紹介し、イメージしたものが強く残るようにしましょう。


例えば、コロナ禍で会えない多くの人々をWeb上のシステムによってどれだけコミュニケーションを豊かにすることができたのかを紹介。多くの登場人物と体験談などで訴えかけて、Webシステムの重要性を語ると効果的でしょう。
具体的でイメージしやすくかつ感情に訴えるものは、多くの人の記憶に長く残っていきます。

結論 「ストーリーテリング」活用でマーケティングを印象的に行いたい

ストーリーテリングでは、企業や商品の説明や紹介だけでなく、ビジョンを訴えることが可能なことをご紹介しました。ユーザーの共感を呼び、強く印象付けられるのが特徴です。


多くの企業や商品があふれる中で、ブランディングし、顧客ロイヤルティを高めることが今の時代では重要です。その点でストーリーテリングは大切な手法と言えるでしょう。


しかしながら、ストーリーテリングも簡単に行うのではなく、しっかりとした一貫性を持って訴える必要があります。どんなユーザーに何をビジョンとして見せるのか、メッセージを届けるのかをきちんと設定しましょう。しっかりと構想を練った上で、マーケティングに活用してみる方法が有効です。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方、マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2021年11月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら