ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

経営って何だろう?あらためて経営の必須要素・構造から必要なものを考える

経営者であれ、会社員であれ、仕事をしていると必ず耳にするのが経営という言葉。
あなたは経営とは何なのか?すぐに答えられますか?

経営とはなんなのか?どう経営したらいいのか、経営が上手くいっていないがいい方法がないのかと、いつも頭を悩ませている立場の人も多いでしょう。
あらためて、経営にとって何が大事なのかを、経営の必須要素と構造から考えてみます。経営の問題点をじっくり考えられるように、今日は経営についてわかりやすく図解します。

  • 動画で図解を⾒る

導入 経営とは何か?それは顧客を増やし企業を成長させ続けること

経営とは、事業目的を達成するために継続的・計画的に意志決定を行いながら事業を継続していくことです。

まず経営を考える際には、経営理念、事業目的などを明確にすることが大事です。意外と経営理念、事業目的が明確でないために、経営自体がぶれてしまうことも多くあります。経営計画書などをしっかり作って明確にしていくことが重要なことです。

そして、また会社にとって大切なのは、顧客との関係です。顧客との関係を継続的に計画的に保っていくことで経営が上手くいくようになります。顧客にとって必要な価値を提供し続けることが重要なことと言えます。

そして会社やその事業を潰さないことが経営にとっては不可欠です。継続的に事業を運営できるようにする必要があります。そこで、あらためて考えたい、経営の必須要素を見ていきます。

課題 経営の必須要素は「成長させ続ける」「価値を上げ続ける」「潰さない」

経営の必須要素は、「成長させ続ける」「価値を上げ続ける」「潰さない」の3つと言えます。

最初の必須要素「成長させ続ける」は、会社や事業を存続させるに必要なことです。今の成長に満足するのではなく、常に計画的に将来の成長を見据えていくことが経営をする上では大切なことです。そうした意味でも、経営計画書や事業計画書を作ることが必須でしょう。

そして、経営を考える際には、顧客との関係性が大事です。顧客にとっての商品やサービスの「価値を上げ続ける」ことが2つめの重要な必須要素です。

顧客のニーズは様々に変化し、競合商品やサービスも次々と現れます。顧客のニーズを常につかみ、新しい価値を提供していくことが経営を行っていくことができます。

また、経営を行っていくにあたっては、社会に必要とされる事業を行うことも大切なこととなります。人材の雇用と開発の責任を担う必要があり、納税や株主への責任を果たすことも必要です。最近では、社会貢献やSDGs活動を行うことも大事と言えるでしょう。

そして、3つめの必須要素は「潰さない」です。

潰さないようにするには、利益を生み続ける必要があり、資金繰りなどもしっかりとする必要があります。商品やサービスが好評でも、利益を生み出さない限りは潰れてしまうでしょう。

3つの必須要素をどれも怠ることなく、やっていくことが経営には大事なことと言えます。

解決 経営の構造として商品・営業・管理の関係をあらためて考えたい!

経営の必須要素がわかったところで、経営の構造についてもあらためて考えてみます。

経営は、どんな業種であれ基本的に事業を営むのが目的であれば「商品」「営業」「管理」といった3つの構造から成り立っています。

商品やサービスを作る→営業して顧客に提供する→会社を継続して管理運営してゆくといった主に3つの構造になっています。

会社自体の部門としても、製造部門、営業部門、管理部門などがあるでしょう。

商品・営業・管理の3つの構造で「成長させ続ける」「価値を上げ続ける」「潰さない」という経営の必須要素を目指す必要があります。

例えば、最近は商品を魅力あるものにするだけでなく、商品のファンになってもらえるよう顧客との関係性を高める活動も経営にとって重要なことです。商品や会社自体のブランディング戦略が経営にとっては有効な方法となっています。

また、営業でも顧客との関係性を高めて、顧客を見込み客から実際に買ってもらえる顧客、常連客に育てていくことを目指すようになっています。

管理の面でも、経営者次第という管理でなく、管理体制の仕組みを作っていくことを重要視。経営理念や事業目的を実現するためのマネジメント、管理の仕組み作りが盛んに行われているでしょう。

結論 経営の極意は「顧客との関係を大切」にすること!必須要素や構造のアップデートも重要

経営では、顧客との関係を大切に継続した事業運営を行うことが大切です。そのための必須要素や構造を再確認しておきたいでしょう。

経営には「成長させ続ける」「価値を上げ続ける」「潰さない」という必須要素があり、商品・営業・管理の3つの構造を上手く連携させていくことが必要です。

経営理念や事業目的を明確にし、顧客にとって良い商品とサービスでより良い価値を提供し続けることが重要です。

最近では特に注目されているのが顧客との関係性と言えます。WebマーケティングやSNSなどを通じて顧客との関係を育てていきながら、経営していくといいでしょう。

また、社会貢献やSDGsなどの活動にも貢献するなど社外的な活動も大事です。社内の管理体制をしっかり作りながら、そうした様々な活動も行っていくことがこれからの経営を考える際には重要でしょう。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2021年11月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら