ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

ROIとは何か?ROIを把握するメリットと計算式についてご紹介

経営者、管理職の方は、ROIを活用していますか?ROI(Return On Investment)とは、広告費に対する利益を計算する方法です。広告の費用対効果ROAS (Return On Advertising Spend)については、良く言われることが多いのですが、ROIについてもよく知っておくことが必要です。

ROIを計算するメリットと具体的な計算式についてご紹介します。今日はROIについて図解していきたいと思います。
費用対効果ROASを考える上で、 ROIを活用する方法がおすすめです。ROASとROIの違いについても知って、活用法を理解してみましょう。

  • 動画で図解を⾒る

導入 ROIとは何か?何を示すものなのか?

ROI(Return On Investment)とは、「投資利益率」の意味です。ROIとは広告などの投資を行ったことで、どれくらいの利益があったのかを計算するものです。広告の費用対効果ROASの方が有名ですが、ROIも重要です。ROIでどのくらいの利益があったのかを計算することもとても大切と言えます。

例えばROIを計算することによって、数値が高ければ、広告の投資効果があったと言えるでしょう。また低ければあまり投資効果がなかったと分析と評価ができます。投資の効果を利益と比較することで、具体的に数値で示せるのは便利なことです。


大きな広告を打ってたくさんコストを使っても、実際の利益に繋がらなかったということも多くあります。最近では、以前のように広告に大きな経費を掛けるのではなく、なるべく少ないコストで効率的に利益を上げたい企業も増加。ROIを気にする企業が増えています。様々な広告媒体が増え、SNSなどでリーズナブルに利益を生むこともできますので、ROIを気に掛けてみるといいでしょう。

課題 なぜROIが必要なのか?ROIを出すメリット

なぜROIが必要なのかですが、売上が上がったとしても、それほど利益が上がっていないことがあるからです。商品やサービスの粗利率によって、もっと売上が上がらないと広告や投資の意味がないことになります。そうした時の指標になるのがROIです。


ROAS (Return On Advertising Spend)の「費用対効果」の方が有名ですが、ROASだけの場合には、実際にどれだけ利益を上げることができたのかがわからないでしょう。利益と広告の投資コストで比較できるのがROIのメリットです。

例えば、規模が違う事業に投資した場合にも、ROIを計算することでこの利益にこれだけの投資をしたということで投資利益率が計算できます。投資金額や利益は異なっていたとしても、ROIの数値によって比較検討することができるのがメリットです。より投資効果が高いものを評価することができるでしょう。


また、日々の細かな施策についても計算して検討することができます。

解決 ROIの計算式と具体的に計算した2例をご紹介

ROIの計算式を具体的にご紹介します。
ROI=利益÷広告コスト(投資金額)×100(%)
となり、投資以上の利益があれば100%以上の数字で評価できます。


例えば、ROIの計算例を2例挙げますので、比較検討してみるといいでしょう。
売上600万円で原価が200万円、投資金額が150万円だった場合で計算すると、利益は600万円-200万円-150万円=250万円です。


ROI=250万円÷150万円×100=約167%となります。
また、売上700万円で原価が300万円、投資金額が200万円だった場合を計算すると、利益は700万円-300万円-200万円=200万円です。


ROI=200万円÷200万円×100=100%となります。こちらは、ROIが100%と低く広告利益率、投資利益率が良くなかったことが計算できます。


ROIを計算することで、こうして数値で判断できるのが大きなメリットです。

結論 ROASとの違いも知ってROIを上手に活用したい!

ROIについてご紹介しました。ROIの最大化を図ることはとても大事なことです。売上だけでなくROIの数値を見て広告や投資を考えていくといいでしょう。

事業を成功に導くにはROIの数値を大事にしていくことが大切と言えます。 様々な事業や施策、何にどう広告をして投資をしていくのかを比較検討する際に、ROIがとても役立つでしょう。ROASの売上に対する費用対効果だけでなく利益を大事に、ROIもしっかり計算していくことが大切です。

ROIが低い場合は、投資額を減らすか、売上を上げる工夫をする、単価を上げたり、原価を下げたりする工夫をしたり、販売数自体を上げます。販売経費を減らす努力をする必要もあります。ROIという指標を持っていることでこれらのことを分析・改善でき、とても便利なことと言えるでしょう。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方マーケティング責任者の方必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2021年11月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら