ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

PB開発とは?小売業者でなくても重要!

PB開発が多くの企業で進んでいます。独自のオリジナリティのある商品で勝負をしている企業や店が増えています。
PB開発をすることでコスト削減などだけでなく、ブランドロイヤルティが高まり、効果的になっているケースが多いと言えるでしょう。PBを目当てにしたファンも増加。
また、小売業でなくても様々な業種で、PB開発で効果を得ている場合もあります。今日は、PB開発の概念とメリット、手順などについて図解します。

  • 動画で図解を⾒る

導入 PB開発とは?PB開発をすることでブランドロイヤルティにメリット?

PB開発が盛んになり多くの商品が登場しています。

以前は、PB商品は安いが品質がそれほど良くないこともありましたが、現在では品質が向上。無駄をカットして直接製造から責任を持った一貫体制で良質のものが作り上げられています。

種類も豊富となり、選べる嬉しさも生まれています。安くて、素材や産地、品質、製法、機能にこだわった高品質ブランドも登場。消費者にとっては良質で豊富な品揃えのためメリットも大きくなっています。

そして、これがブランドロイヤルティとなっていて、あの店のあの商品といったブランド価値が高まるメリットとなっています。競争をする上でも、PB開発が大きな強みとなっている企業や店舗も増加中です。

PB開発の流行により、元々商品を売り出していたメーカーは小売店の棚を奪われてしまうといった事態まで起きています。そのようなメーカーはD2CO2Oといった新たなビジネスモデルで生き残りを図ろうとしていたりします。それほどまでにPB開発の影響は大きいのです。

課題 PB開発で成功するのは小売業者だけじゃない?

PB開発で成功している例としては、有名な無印良品やユニクロ、ニトリ、IKEAなどがあります。イオンなどのチェーン店やコンビニなどでも盛んです。

また、小売り業者だけでなく、サロンなどのサービス業でも実はPB開発が行われていて効果を発揮しています。例えばシャンプーなどのPB商品を開発して成功している例があります。

髪のプロである美容師たちが、自分たちが使っていいものを勧める、ヘアケア&スキンケアブランドのPB開発を「美容室Ash」では行っています。美容室でしか提供できないブランディング効果があり、しかも安く提供できるのがメリットです。

PB開発をすることで、自分たちで商品へのこだわりや良さをお客さんに伝えることができます。また、そのことで他の美容室との差別化、ブランド価値を高めることが可能。お客さんにおすすめのシャンプーなどを聞かれる美容室では、そのニーズにPB開発で応えると効果的です。

解決 PB開発の5つの手順とは?委託業者(OEMメーカー)選びが大事

実際にPB開発はどうしたらできるのかですが、企画をしたら製造を委託業者(OEMメーカー)に行う必要があります。開発する際には時間も掛かりますので、手順を追って行うといいでしょう。

① 委託業者(OEMメーカー)を決める
こだわりの企画を実現してくれそうな委託業者(OEMメーカー)を大事に見つけましょう。既に作っているものが近い業者から選んでみるのがおすすめです。

② OEMメーカーへ相談
具体的に自社の顧客年齢層や性別、ニーズを説明し開発のコンセプトやこだわり、要望も詳しくOEMメーカーに伝えます。

③ 商品の提案・見積り・契約
OEMメーカーからの提案も受け、見積もりを検討し価格を調整して契約します。

④ 試作品の調整
実際に試作品が出たら試してみて、こだわりが活かされているかの調整作業が必要です。

⑤ 製造・納品
商品の製造を実際にお願いして納品となります。

結論 初めてのPB開発では自社の目指す方向性を商品化できるかが重要

PB開発を自社で行うのは実際にはとても大変です。

自社の目指す方向と合致した商品となったかどうか、お客さんが求めているものと合致したものができたかが大事です。そのためには信頼できる委託業者(OEMメーカー)をしっかり探しましょう。

そして、ブランドロイヤルティを高めるためには、こだわりのある商品になっているのか、お客さんのニーズにかなう商品化ができたかが大事です。

素材や産地、品質、製法、機能にこだわったブランド力のあるものを開発するのがポイントです。

小売業者でなくても、PB開発はこれからの競争に勝ち抜くため、差別化のために重要でしょう。

PB開発をしてどのようにブランディングを行っていけばいいのか?など、疑問がある方は、ブランディングカンパニーのズカイズムに、いつでも相談にきてください。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方、マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2021年10月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら