ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

OODAループ実践のための手順と各ステップの考え方とは?

OODAループという言葉を聞いたことがあるでしょうか。先の読めない状況下で成果を早く出すための意思決定方法として知られています。アメリカの軍事戦略家であるジョン・ボイド氏が研究したものです。
これまでは、意思決定して遂行する際にはPDCA(Plan→Do→Check→Action)のサイクルが最も有名でした。しかし、今OODAループで考える、より実践的な方法に注目が集まっています。
PDCAとの違いについて紹介し図解します。参考にしてください。

  • 動画で図解を⾒る

導入 OODAループが注目される理由?PDCAサイクルとの違いは?

OODAは(Observe→Orient→Decide→Act)となっていて、観察して状況判断、方向づけをし、意思決定をして実行するというループになっています。

これは、アメリカの軍事戦略家であるジョン・ボイド氏よって40秒で迅速に実行に移すために考えられたものです。戦闘中に先が読めないような状況下、不利な状況でも40秒で判断して実行する究極の決断方法と言えるでしょう。

一方PDCA(Plan→Do→Check→Action)のサイクルは、元来工場の生産性を上げるために考え出されています。

はっきりした目標に対して計画を立てて実行する方法です。 OODAと比べた場合ですが、工程がはっきりしていないものには対応できないという違いがあります。

課題 PDCAサイクルの問題点とOODAループ導入によるメリット

実は今、これまでのPDCAサイクルでは解決できず、OODAループでしか解決できない諸問題が多くなってきています。

その原因は、素早い状況判断の必要性の増加です。

これは、テクノロジーの進化によって、市場の動きも早く、ゆっくりと計画を立てる時間がなく、スピーディーな状況判断が必要な場合が増加してきているということです。

QR決済サービスの例で説明します。

QR決済サービスは最初のうち乱立していて、どこが有力となるのかはなかなか判断できない状況でした。しかし、後発でスタートした「PayPay」は素早い状況判断に基づいて勝負をした結果、現在の優勢なポジションを勝ち取っています。

このように、刻一刻と状況が変化する市場において、素早い状況判断は大変重要です。

PDCAサイクルでは状況判断に時間がかかるため、判断しているうちに状況が変化してしまう、ということが起こり得てしまいます。

OODAループの導入により、素早い状況判断ができるようになるため、PDCAでは解決できない問題もOODAループで解決できるといったことが起こるようになるのです。

今流行りのD2Cといったビジネスモデルを実現する際にも、OODAループで、より早くサービスを改善していくことが成功の鍵になりそうです。

解決 OODAループの実施手順や各ステップとは?

具体的にOODAループを実施する方法ですが、Observe(観察)→Orient(状況判断、方向づけ)→Decide(意思決定)→Act(実行する)という手順です。

これを早いスピードで行う必要があります。

最初のObserve(観察)は、目的がしっかりしていて観察する場合とは異なり、客観的に現状を観察し、広くデータを収集する必要があります。

次のOrient(状況判断、方向づけ)では現状を元に、いい結果に結びつけられるように方向づけをします。

そして、Decide(意思決定)では、現状が変化しないうちに決定をしてAct(実行する)します。

これですと早く意思決定、実行ができるのがメリットです。 例えば、コロナ過でオンライン授業のため学生のコンビニ利用が減少したとします。お昼のお弁当の仕入れ数を減らした方がいいのでは、その方が無駄な仕入れが削減すると想定します。そして、お弁当の仕入れ数を削減、代わりに夜の需要拡大に合わせて夜のお弁当を充実させます。

早めに今の状況に合わせた判断が営業を左右すると言えるでしょう。

結論 PDCAサイクルとOODAループを適切に使い分けよう

PDCAサイクルとOODAループをご紹介しましたが、元々考えられた目的が異なると言えます。

しっかり目的や工程がはっきりしていることを考えるには、PDCAサイクルが最適です。

そして、流動的で早く変化するような状況下では、OODAで迅速な判断をして実行することが大切です。

これまでと同じように考えていては対応できない場合は、OODAでまず客観的に広く観察することから始めてみるといいでしょう。どのような方向性があるのかを広く考えつつ、早く決定して実行に移すことが大事と言えます。ただその際に、あまり先入観を持たずに、主観的な判断をせず数値で判断するよう注意します。そして、実行に移したら、また状況の観察から行って修正していきましょう。

PDCAサイクルとOODAループは、どちらも状況によって使い分けてみることで、とても効果的と言えます。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2021年11月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら