ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

SEO対策だけでは不十分?MEO対策を行っていますか?

検索結果の順位を上げることは、店舗集客においてとても大切です。
Googleの調査結果によると、検索結果1位のサイトは検索結果3位のサイトに比べて3倍クリックされることが分かっています。
その結果、SEO対策やリスティング広告などは広く利用されるようになりました。
しかし、MEO対策をしている店舗はまだまだ少ないのが現状です。
MEO対策は、少ない費用で即効性があるので店舗集客にオススメの施策です!
そこで今回は、MEO対策とは一体どんな対策なのか、メリットやデメリットは何かについて解説していきます!

導入 MEO対策とはマップ検索エンジンでの上位化を目指すこと

MEO対策(Map Engine Optimization)の略称で、Googleの地図検索で店舗の検索順位を上位化することを指します。

SEOと同じく、地図検索もGoogle検索エンジンのアルゴリズムによって検索順位が変化するので、上位に表示するには対策が必要です。

特に、地域性の高い店舗ビジネスや地域ビジネスにおいては、MEO対策をしっかり実施することが問合せ数や顧客数の増加に繋がるので、重要な施策となっています。

ではなぜMEO対策が行なわれ始めたのでしょうか?
理由は主に以下の3つです。

1.スマホ利用者の増加
スマートフォン普及率が増加したことで、GPS機能を利用した地図検索をする人が増えました。

2.消費者の行動
飲食店などのお店を探す際に、Google検索ではなく、Googleマップ検索で探すユーザーが増加しています。
その際に、口コミや写真などの店舗情報が消費者の意思決定に大きな影響を与えます。

課題 MEO対策のメリットとは?SEO対策より低費用・短期間!

MEO対策の主なメリットは以下の2つです。

1.SEO対策に比べ低費用・短期間で効果が見込める
SEO対策では、サイト構造を整理したりコンテンツを充実させたりするのに、一般に半年から1年ほどはかかります。
また、サイトを改善するのにもweb制作会社に外注した場合、数十万~数百万円かかる場合が多いです。
一方で、MEO対策はSEO対策に比べて上位表示されるまでにかかる時間が短いと言われています。
また、費用面でもMEO対策は月額数万円程度であることがほとんどです。

2.MEO対策では検索キーワードの意図を把握しやすい。
検索する人は、「業種名 地域名」のように検索するので、明確に検索者の意図が反映されていてSEO対策よりも対策がしやすいです。
例えば、「品川 ラーメン」と調べる検索者の意図は「品川でラーメン屋を探している」です。
MEO対策を行なうことで検索者に効果的に店舗をアピール出来ます。

3. MEO対策を行なっている店舗は少数。
SEO対策を行なっている店舗は多いですが、MEO対策を行なっている店舗は少ないです。
つまり、MEO対策をしているライバルが少ないので、検索結果を上位に表示しやすいと言えます。

解決 MEO対策の実施の仕方とは?Googleマイビジネスを登録!

MEO対策のステップは以下の3ステップです。

1.Googleマイビジネスに店舗情報を登録
まずはGooleマイビジネスに、店舗名・住所・電話番号・営業時間・メニューなどの店舗情報を登録します。

GoogleマイビジネスはGoogle検索・マップ上で店舗の情報を表示できる無料ツールのことです。

このとき大切なのが、自身の店舗を利用するような顧客がどのようなキーワードで検索するのかを想定して、店舗情報に入れることです。

2.NameAddressPhone情報を統一する
NameAddressPhone情報(店舗名・住所・電話)の表記をサイト上のものと統一します。
例えば、住所にハイフンがはいるのか、店舗名の表記ブレ、電話番号などです。

3. Googleマイビジネスの口コミ数を増やす
検索者は第三者の客観的な意見に大きく受けます。
なので、口コミ数を増やすことは重要です。
口コミを増やすには、顧客が利用した際に口コミをお願いするか、メールで口コミ投稿URLを送信するなどがあります。
また、口コミに返信することも大切です。
特に、良い口コミだけではなく、悪い口コミにも真摯に対応することで、印象が良くなります。

結論 MEO対策を依頼する際の思わぬ落とし穴とは?

このように、MEO対策はSEO対策に比べて低予算・短期間で効果が出やすい施策と言えます。

Google社もGoogleマップを活用したお店探しのCMを行なうなど、今後更にマップ検索は充実していき検索数も増加していくと思われます。

もしもMEO対策を行なっていないのであれば、今のうちにMEO対策を行なうことは、競合が少ないのでオススメです!

そこで1つ注意点があります。

MEO対策を自分で行なうのが難しい場合、MEO対策を行なっている会社に依頼することもあると思います。

その時に、虚偽の口コミを投稿したりレビューを不当に上げたりする、ガイドライン違反を行なうMEO会社には注意してください。

Googleからガイドライン違反と認定されると、Googleマップに表示されなくなるなど、店舗集客に大きな損害が生じます。

営業を受けた MEO業者から「必ず検索結果が1位になる」など言われた場合は、悪質な会社かもしれませんので注意しましょう。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方、マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2022年1月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら