ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

企業価値を上げる重要な観点「ESG」について解説します

ESGという言葉を聞いたことはありますか?
ESGとはEnvironment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)から作られた言葉です。
近年はSDGsとセットで注目されている言葉で、投資する際の企業分析の観点に使われたりしています。
なぜ、ESGは注目されているのでしょうか?また、この観点で企業価値を上げることはなぜ重要なのでしょうか?
今回はそんなESGについて図解します!!

  • 動画で図解を⾒る

導入 なぜESGが今、重要視されているの?

ESGとはEnvironment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)という三つの言葉の頭文字をとって作られた造語です。

本来は投資家の投資判断を変えるために国連が提唱した言葉ですが、標準的な定義は存在しません。法令で制定された基準も存在しないので、世界共通の判断基準は存在しないというのが国際的な認識です。

ではESGは何故今重要視されているのでしょうか。それは、利益ばかり追求した経営では、環境や労働者に負荷がかかり、持続可能性を確保しにくくなるからです。企業の持続的に成長するためには環境、社会への配慮が欠かせません。こういった背景から、現在ESGが注目されているのです。

つまり、ESGに配慮している企業は、持続的に成長する可能性があると投資家から判断してもらえるのです。

課題 ESGにはどうやって取り組んだら良い?

では具体的に ESGにはどのように取り組んだら良いのでしょうか。Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)について3つそれぞれ紹介します!!

・Environment
二酸化炭素の排出削減などが挙げられます。
例えばセブン銀行では、ATMを省電力化、長寿命化したり、現金補充回数を削減(これにより現金輸送車の運行回数を減らせる)したりすることで、二酸化炭素の排出を削減しています。

・Social
人権対策や地域社会への貢献などが挙げられます。
例えば、NTTドコモでは、社会への貢献として、子どもの安全を守るためのサービスを提供したりしています。

・Governance
企業自身による管理体制などが挙げられます。
例えば、住友化学では、独自の組織図を作り上げたり、税の透明性を確保することでこの点を解決しています。

解決 さらに注目!ESG投資とは?

ESG投資とは、ESGの視点で投資先を決めることです。大きな資産を運用する機関投資家は持続的な成長を企業に求めています。

従来は財務状況等のデータを参考に投資先を決定していましたが、企業の持続的な成長のためには、環境や社会の持続的可能性を確保すべきとの考え方が投資家や企業の間に浸透してきたことから、ESG投資が注目されてきています。

ESG投資には7つの種類があります。それぞれの特徴について以下に簡単に説明します。

・ネガティブスクリーニング
倫理、環境の観点からよくないものを投資先から除外する方法です。
武器やタバコであったり、ギャンブルといった業種を除外し、投資先を決定します。

・ポジティブスクリーニング
ESGの評価を基に投資先を決定する方法です。
ESG評価については、環境や人権等のテーマごとにスコアが設定されています。総合的にこのスコアが高い企業が選ばれます。

・国際規範スクリーニング
国際規範を基に、基準をクリアしていない企業を除外する方法です。
国際規範は、経済協力開発機構が定める規範であったり、国際労働機関が定める環境ルールといったものが選ばれます。
どの規範を基準にするかは投資家が選びます。

・ESGインテグレーション
財務状況に加えてESG評価も加味して投資先を決定していく方法です。

・サスティナビリティ・テーマ投資
サスティナビリティをテーマにした企業に投資する方法です。

・インパクト・コミュニティ投資
社会や環境にインパクトの大きな活動を行う企業に投資する方法です。

・エンゲージメント/議決権行使
エンゲージメント以外の6つは投資先を見つけるものでしたが、こちらの方法は投資先にESGを働きかける方法です。

エンゲージメントは株主の立場からESGについて積極的に働きかけること、議決権行使は株主総会で議決権を行使し、意思決定に関与することです。

結論 ESGに取り組もう!

今回はESG、そしてESG投資について図解しました。
企業が持続的に成長するためには、目先の利益だけでなく、環境、社会への配慮が欠かせません。

ESGは環境、社会、ガバナンスの三つの観点を指しており、この観点で企業活動を見つめ直すと、持続的な成長を得るための活動が見えてきます。

また、投資家の投資判断に関わる重要な指標になりつつあり、ESGに取り組んでいる企業は持続的に成長する可能性が高いとみなされています。

今回取り上げた企業だけでなく、様々な企業のホームページにESGに関しての取り組みが掲載されています。
他企業の取り組みも参考にしながら、貴社ならではのESGへの取り組みを生み出してください!

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2021年11月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら