ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

SEOの重要な指標、E-A-Tを学ぼう!

Webサイトでは、SEO対策を行うことが大切なことはよく聞きますが、E-A-Tという言葉を聞いたことがありますか。E-A-Tとは、Googleが独自に決めたWebサイトの評価基準で、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの頭文字を取っています。
SEO対策の重要な指標となるのがこのE-A-Tと言われていますので、詳しくそのポイントを図解して今回ご紹介します。

  • 動画で図解を⾒る

導入 E-A-Tとは何か?なぜE-A-Tが生まれたのか?

E-A-Tとはまず何かですが、Google が作成した「検索品質評価者向けガイドライン」にE-A-Tについて書かれています。

Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つをWebサイトで備えることをGoogleが重要としたものです。

このE-A-Tが検索の評価基準として生まれた背景についてですが、Google検索の進化によって変わってきています。

最初は、検索キーワードを詰め込んだコンテンツが良いとされたり、他からのリンクが多いコンテンツが評価されたりした時期がありました。

しかし、もっとサイトの中身のExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)が大事であると、2010年後半くらいからE-A-Tが評価基準として重要視されるようになりました。

課題 そもそもSEOとは何か?なぜ集客でSEOが重要視されるのか?

そもそもWebサイトでSEO対策を考える場合のSEOとは何かですが、検索でいかに上位に表示されるかで、多くの人の目に触れます。

下位のサイトは目に触れることもあまりないと言えるでしょう。 つまり、検索した人の多くの人がまずクリックしてくれることが重要です。

そして、それが集客や問い合わせ、購入や利用に繋がっていきます。

Webサイトの検索で上位に来ることが集客にとっても重要なこととなるのです。特にO2OD2Cに取り組む企業にとって検索での上位表示は戦略としても重要です。

そして、その重要なSEO対策のために、E-A-Tの具体的な施策を考えた場合、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)を考えるには、それぞれにいくつかのポイントがありますので、ご紹介します。

解決 E-A-Tの具体的な施策はどうしたらいい?

まず、Expertise(専門性)のあるサイトにするには、様々な商品やサービスを提供している場合はその専門ジャンルやカテゴリーごとにできるだけ特化したサイトを個別に作る方法がおすすめです。

より専門的なサイトを目指すといいでしょう。 また、Authoritativeness(権威性)があるサイトにするためには、常に権威性のある内容を心掛け、曖昧な情報や古い情報などを避け、専門家の意見も見られるようにしましょう。

このサイトを見たら、しっかりした情報が得られるという風にするのがおすすめです。 また、Trustworthiness(信頼性)のあるサイトにするには、情報をいつも最新内容に更新し、検索するユーザーにとってきちんと必要性と信頼性がある内容にする必要があります。

結論 E-A-T施策のポイントを押さえたサイトを!

Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの評価基準を考えたWebサイトを作ることが益々重要になっています。

Webサイトは検索上位にならないことには、集客も売上アップも見込めないでしょう。

他のSNSとシェアするようにしたり、他サイトから多くリンクされるようにしたりすることも必要ですが、よりユーザー目線に立って、専門性、権威性、信頼性を強化したE-A-T施策こそが必要です。

そうすることで、長い目で見たSEO対策が行えるものと言えます。 常にWebサイトを最新情報にし、専門性、権威性、信頼性を損なわないようにチェックして、オリジナリティがあるサイトにしましょう。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方、マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2022年1月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら