ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

ふとしたときに読みたい!ひとくちコラム

採用を上手くいかせるコツとは何だろう?

大抵の会社であれば複数人の従業員を雇用していると思いますが、自社に合った人物を採用するというのはなかなか難しいことです。どんな人材が良いのか?能力は?給与は?など様々な視点で適正を導かねばならないですよね。そのような採用戦略を考えるとき、どんなところをポイントとして押さえれば良いか?をまず最初に考えた方が良いでしょう。ズカイズムではこちらの「採用戦略を成功に導く8つのフローとは?」で詳しい解説を載せているので気になる方はぜひ見てみてくださいね。

2021/07/17

働き方も働く場所も多様な時代に突入

突然ですが皆さん、今、どんなところで働いていますか?オフィス?テレワーク?それともコワーキングスペース?昨年発生した新型コロナによって人々の働き方も、働く場所も大きく様変わりしました。実際、テレワークの普及によって大きなフロアの賃貸オフィスを利用する必要性がなくなった企業ではオフィスくを縮小・シェアオフィスなどへ移転するという動きも出ています。そんな多様な働き方のいま、皆さんに読んでいただきたいのが「オフィスを持たない会社が増えているって本当?これからの働き方とは」です。こちらの記事では現在の代表的なオフィス分類などを紹介していますので、移転を考えている経営者さんや事業者さんは一度、見てみてくださいね。

2021/07/18

もう一度押さえておきたい「2025年の崖」問題

皆さんは「2025年の崖」問題をご存知ですか?実は経済産業省のレポートでも登場している大きな問題だったりします。ズカイズムでもこちらの「2025年の崖とは? DXを推進しなければいけない理由」へ詳しい解説を載せていますが、この問題によって年間12兆円の損失が発生するとも言われているようです。先日このコラムで触れた東京オリンピックの経済効果が約1兆6,500億円なので、一年でオリンピックを8回開催しなければ補填できないほどの大インパクトがある問題なのです。皆さんもこの「2025年の崖」問題、一度考えてみてはいかがでしょうか。

2021/07/19

意見する時、自分が意見できる行動をしていたか?を考えよう

ビジネスに携わっていると経営者であれ従業員であれ、大なり小なり人から意見をもらうこと、批判を受けることがあると思います。この意見や批判自体を否定してしまっては改善や発展が見込めないので、誰もが受け入れなければならないことでもありますが、ここでひとつ考えたいのが「意見する時、自分が意見できる行動をしていたか?」です。例えばあなたが同僚のAさんを「コミュニケーションを取らない」と意見したとします。その時、あなたが考えねばならないのが「なぜあなたがAさんからコミュニケーションを取ってもらえないのか?」です。人が人を意見するとき、しばしば意見された側が悪くなりがちですが、このように考えると、あなた自身にも問題や課題があったのではないか?と仮定することもできます。ズカイズムでも「中途社員を教育してパフォーマンス向上と定着を図るためには?」というコンテンツを設けていますが、同じように同僚、従業員のパフォーマンスを向上させるためにも何か意見をするときは、自分の至らなさを発見する良い機会へ活かすことまで考えたいですね。

2021/07/20

食の歴史は人の歴史

先日、食の歴史という書籍を読んでいた時にふと、食の歴史は、人の歴史そのものだということに気づきました。「人は腸に生かされている」なんて言葉もあるくらい食と人は切り離せない関係性にあります。そんな人類の食を成立させてきたのが飲食産業、飲食業界です。現在、外出制限等で飲食業が非常に厳しい状況となっていますが、そんな時だからこそ打開策を考えてゆきたいですよね。ズカイズムでもネット集客から実店舗へ来店させるマーケティング手法「O2O」の解説記事を配信しておりますので、ぜひ一度、ご覧になられてはいかがでしょうか?

2021/07/21

職の歴史は人の歴史

日本の憲法に記される国民の三大義務を言えますか?そうです、「勤労」「教育(を受けさせる)」「納税」ですよね。勤労、つまり人が働く、職に就くということは日本国憲法第二十七条一項で記されるほど大事なことなのです。その職というのは時代によって大きく様変わりしていますよね。近代までは労働、職業といえば農業、牧畜業、林業、漁業などの一次産業が大半でしたし、職を変えるというのも難しかったものです。それが近代に入り日本は二次産業で高度成長を遂げ、現代となった今、商業、金融、観光、サービス業など三次産業が当たり前となりました。そう考えると職の歴史は人の歴史であるとも言えるかもしれません。デジタル化が急速に進み、働き方が変わる今だからこそ、こちらの記事で取り上げるように「データの見える化」を推し進めて、効率的に、健康的に働きたいものですね。

2021/07/22

飾の歴史は人の歴史

ファッションに興味や関心がある方ならば、毎年のトレンドカラーは気になるものではないでしょうか。彼のスティーブ・ジョブスのように三宅一生氏デザインによる黒のタートルネック、リーバイスのジーンズ、ニューバランスのスニーカーと服装そのものが定型化している方もいると思いますが、大半の方はきっと様々な色、トーン、素材の衣服をお持ちでしょう。社会人、ビジネスに携わる方であればTPOによって服装を変えるなんてことも、よくあると思います。衣・食・住なんて言葉もありますが、人にとって衣服というのは生きる上で欠かせないものでしょう。その衣服を楽しむ人類の歴史は服飾の歴史そのものと言えるかもしれませんね。

2021/07/23

興味・関心、好奇心を持つことの大事さ

いろいろな意味で注目が集まりながら、昨日始まったオリンピック。皆さんは何の競技に注目していますか?陸上?水泳?サッカー?ソフトボール?テニス?ゴルフ?今回の五輪では実に33種目もの競技がおこなわれるようです。中には注目されにくい競技もあると思いますが、自分が興味・関心を持っていないものにこそ、興味・関心、好奇心を持つようにするということはとても大事なのではないでしょうか。いえ、今回のオリンピックに限らず、仕事や普段の生活でも、です。自分の興味・関心が薄い仕事はどうしてもモチベーションが低くなりがちですが、好奇心を持ってその仕事に取り組んだ時、新たな発見や喜びがあるでしょう。この興味・関心、好奇心はどんなに年齢を重ねても忘れずにいたいですね。

2021/07/24

コスト感覚を持つことが仕事で成功につながる

本日公開した「正しいCPAを把握していますか?マーケ担当者は必ず知っておきたいCPAとは?」という記事。自社で広告運用を内製化している事業会社様でも、意外と把握されていないという声をよく聞くので掲載したのですが、皆さんは自社のCPA、つまり顧客を1人獲得するための費用が幾らかかっているか、把握されていますか?私は総務部だから、自分は情報システム所属だからと、例えば自社のCPAを知らないのであれば、意識を変えた方が良いのかもしれません。今は経営の効率化が急速に推し進められている時代です。この効率化を考えたとき、切っても切り離せないのがあらゆる面でのコスト感覚。逆に言えばどんな仕事でもコスト感覚を持って仕事をすると、今まで見えなかったものが見えてくるでしょうし、自身の理解、考え、発言の内容も変わってくることでしょう。このコスト感覚というもの、営業の最前線で活躍するビジネスマンはもちろん、仕事に従事する全ての方が身につけてゆきたいものですね。

2021/07/25

どうなる?Facebook広告の行方

先日、ロイター通信発で「フェイスブック、売上高伸びの「著しい鈍化」を警告 株価下落(Apple規約変更 FB広告収入に影)」という記事がYahoo!ニュースに掲載されていました。ズカイズムでも「緊急事態!Web広告の効果・CVが正しく取れなくなった!?対処法などを解説」という記事で触れていますが、Apple社のiPhoneで使用されるiOSのアップデートで広告効果が下がったり、正しいCVが取れなくなったりと大きな影響が世界的にも出ているようです。記事の中に現時点の対応方法も載せているので、影響を受けている事業主さんや広告代理店さんはチェックしてみてくださいね。

2021/07/29