ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

ブランドリフトとは?その広告に本当に効果があるかを有効に検証したい!

オンライン広告などで企業のブランディングを行うことが増えています。ただ、どれだけ効果があるのかはわかりづらく、あまり広告効果が見えないことが多いでしょう。
そんな時にブランドリフトという方法で、ブランディング広告に接触したユーザーと接触していないユーザーを比較して効果を測定する方法が有効です。
接触したユーザーのブランドの認知や購買意欲の向上を実際に測る方法です。本当に効果があるかどうかを測れて便利です。ブランドリフトについて図解し、メリットもご紹介しますので参考にしてください。

  • 動画で図解を⾒る

導入 ブランドリフトとは?理解する上でのメリットとは?

オンライン広告は、クリックやコンバージョンをしたやPV数などの効果はわかりますが、それがどの程度ブランディングに役立ったかはわかりにくいでしょう。

そんな際に、実際に接触したユーザーと接触していないユーザーを比較して効果を測定するブランドリフトの方法が有効です。

その差を比べることで、実際には見えにくい効果を測ることができるのがブランドリフトのメリットです。

ブランディング広告はなかなか効果が測りにくいのですが、ブランドリフトを理解することで、ユーザーへのブランディング広告の効果が可視化できます。

実際にユーザーへアンケートなどを実施し、広告の影響を直接調査することではっきりとわかっていいでしょう。

課題 ブランドリフトの概念がわかっていない場合のデメリットとは

ブランドリフト調査を行わなければ、ブランディング効果のきちんとした効果を測ることができないのがデメリットです。

単に閲覧をしたPV数だけを求めた広告では、充分なブランディング効果が測れていないでしょう。

ブランド認知度や好意・好感度が高まったのか、広告想起率が上がったのか、検索率がアップしたのか、比較検討の対象となったり、購入への意識が高まったりしたかなど、様々な面で効果を測る必要があります。

そうしないと、広告の評価がきちんと行えないというデメリットになります。

オンライン広告などのブランディング広告は、意外と効果が低く捉えられがちです。 目に触れただけでもブランド認知度が上がったり、購入の際の比較対象になったりします。ブランドリフトの概念がわかっていないと、しっかりと評価できずにデメリットになります。

解決 ブランドリフトの企業での具体的な調査方法とは

ブランドリフトの具体的な調査方法としては、リサーチ会社によってアンケート調査を行い測定する方法があります。

接触したユーザーと接触していないユーザーで、ブランド認知度や好意・好感度、広告想起率、検索率、比較検討対象の有無、購入への意識などを実際にユーザーにアンケート調査を行います。そして、この調査結果をスピーディに活かす方法がおすすめです。

また、ネット広告でインバナーサーベイやリードバナーアンケートを実施して、広告上でアンケートをする方法もすぐに結果が分析できていい方法と言えます。 ブランドリフト調査はスピーディにやることで、ブランディング広告を改善しながら実施できてベストな方法となります。

結論 ブランディング広告はブランドリフトを活かして有効な広告を

企業のブランディングは、とても重要なものとなってきています。適切にブラディングするには、ブランドリフトの概念に基づいてその効果をデータでしっかり確認しながら行うことが必要です。

実際にユーザーにアンケート調査をするなどして、様々な面からブランドリフトで分析しましょう。

ブランディング広告に接触した人と接触していない人を具体的に比較することが大切です。

もし単独でブランドリフトのためのデータを取得するのが難しいならば、リサーチ会社やズカイズムに相談するのがおすすめです。

オンライン広告などでブランディング広告を行う場合は、しっかりブランドリフトで分析をして評価をした上で進めていく方法が有効と言えます。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方、マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2022年1月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら