ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

どんどん複雑に?B2B2Cを成功させよう!

B2B2C とは何かですが、BtoBはBusiness to Business(企業と企業の取引)、BtoCは、Business to Consumer(企業と消費者の取引)ですが、そんな中で最近BtoBtoC (B2B2Cとも表記)が注目されています。
物を売るには売る経路、適切なチャネルを考えて検討することが成功に結びつく時代です。どんなチャネルを活用して売るかで成功が決まるでしょう。
そんな中で、BtoBtoC(B2B2C)の考え方は、企業が商品を消費者に売る際に、それを適切に繋いでくれる企業の存在を重要視します。企業が間に入ることで、取引が上手くいくと考えます。
昔からの経営哲学として「三方よし」という言葉がありますが、今のビジネスにおいても、三方がWin-Win-Winの関係がこれからの取引スタイルとして有効になるとも言われています。これまでのBtoB(B2B)、BtoC(B2C)との違いについても触れながら図解します。

  • 動画で図解を⾒る

導入 B2B2Cとは何か?B2B、B2Cも合わせて解説

BtoBtoC (B2B2Cとも表記)とは、「Business to Business to Consumer」で企業と消費者のBtoC (B2C)の間にその取引をサポートする企業が入ったスタイルを意味します。

取引をサポートし、販促のマーケティング戦略を行い、プラットフォームとして消費者と繋ぐ役割を果たしてくれる企業が間に入ります。

これまでのBtoC(B2C)よりもスタイル的にはより複雑な形と言えるでしょう。その分間に入る企業が専門的にマーケティングやプラットフォーム的重要役割を担ってくれます。

またよく言われるBtoB(B2B)は、企業間取引と言われるものです。

これらの取引スタイルの違いについて理解しておくといいでしょう。

課題 ビジネスにおけるB2B2Cのメリット・デメリットとは?

次に、今注目されているB2B2C のメリット・デメリットについても具体的にご紹介します。

最近はコロナ禍で多くの企業がECサイトに出店しています。様々な業種でECサイトなどを活用して商品を販売する企業が増えていると言えるでしょう。

ECサイトを運営する企業が間に入り、新しい販売チャネルを拡大した企業が多くなっています。早いスピードで認知度をアップさせることができた企業が多く、売上アップ、消費者拡大が目指せたのは、まさにB2B2Cメリットと言えます。

そしえ、B2B2Cのデメリットはというと、B2Cよりも間に企業が入ることで、しっかりとしたビジョンやオリジナリティを持っていないと失敗しやすいことです。例えば、多くの商品が並ぶECサイトなどでB2B2Cを展開すると、一時的に商品は売れても埋もれてしまう可能性があると言えるでしょう。

解決 B2B2Cの成功事例として楽天やAmazon、キシリトールなどをご紹介!

B2B2Cの成功事例についてもご紹介します。代表的なものは、楽天やAmazonを活用したものです。

自社でネットショップをやる方法もありますが、専任のECコンサルタントのサポートや楽天市場の持つ集客力は絶大です。

既に多くの消費者が集う楽天ですので、ECモールに出店することで商品が売れる確率はとても高くなり、広く消費者に認知されて成功した例が多くあります。

最近では、グルメや車など様々な商品も登場し、コロナ禍で出かけて購入しづらい商品も販売されて成功している例が増えています。

Amazonにも、実に多くの商品が並ぶようになり、多くの企業が成功を収めています。B2B2Cの成功例として、マーケットプレイス型ECは今後もより注目されているでしょう。

そして、「キシリトール」では、キシリトールが歯にいいということで、歯医者とも連携して商品を販売して成功を収めています。

また、「LIMEX(ライメックス)」では、新素材石灰石を原料とした「TEM」開発のサステナブルな素材を活用して商品開発を行い、注目を集めています。

企業も消費者も環境を考えたものを選ぶというWin-Win-Winの関係で成功した例です。

結論 B2B2Cを成功させることが大切な時代に!

これまでは、B2CやB2Cの取引スタイルが多く見られましたが、これからはより専門的にマーケティングやチャネルを考えてくれる企業を間に挟んだ、B2B2Cスタイルが多くなっていくこと考えられる時代です。

企業ブランディングなどがこれから益々重要になってきますが、そうしたことを重要視しながら、B2B2Cを行っていくことが大切です。

キシリトールやLIMEX(ライメックス)の例のように、商品の価値を消費者の立場から考えることでより高い価値を見い出していくことが重要となります。

価値を高めてくれる企業と繋がることで、三方よしのWin-Win-Winのスタイルを作っていくのがおすすめです。そうすることで、長い成功が得られるようになります。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方、マーケティング責任者の方は必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2022年1月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら