ズカイズム

- Business -

1分図解!画像と動画でわかる、ビジネス・経営・事業の課題と改善策

  • Facebook
  • Twitter

AWSをもう一度学び直そう!世界で最も利用されるクラウドインフラサービス!

AWSはAmazon Web Servicesと言われるものです。AWSリリースされてから早15年。2006年当初は衝撃的なサービスでしたが、今、AWSはどのような状況なのかが気になります。
当初はAmazon社内向けのビジネス課題解決のために作られたものですが、今では世界で最も利用されているクラウドインフラサービスと言えます。
AWSのあらためてメリットを図解してご紹介しますので、メリット、デメリットやどんな企業やサービスがAWSを利用するのに適しているのかを参考にしてください。

  • 動画で図解を⾒る

導入 そもそもAWSとは何か?どんなサービスなのか?

AWSとは、Amazon Web Services の略で、Amazonが提供している100以上あるクラウドコンピューティングサービスのことをまとめて言います。

そして、今ではこのクラウドコンピューティングが多く活用されている状況となっています。サーバーの負担なしに拡張性のある仮想サーバーなどを利用でき、豊富なサービスがスピーディーに活用できるのは嬉しいことでしょう。

しかも、セキュリティも強化されていて安心です。

AWSでは、単に仮想サーバーを利用できるだけでなく、多くのクラウドコンピューティングサービスをビジネスに利用することが可能となっています。

AWSによって、コスト削減、効率化、ひいてはクラウドに移行したことで顧客満足度を高められていいでしょう。

課題 AWSと他のホスティングサービスとの違いとは?メリット・デメリットは?

AWSのメリットは、まずコスト面が大きいと言えます。

ハードウェアやソフトウェアを購入せずクラウドを活用できることで、大きなコスト削減になります。また、従量制課金で、定額制のホスティングサービスよりも安くなる可能性があるのもいいでしょう。

そして、セキュリティの面でも、管理者それぞれが対策を取る必要がないのもメリットです。管理の手間もコストも削減できます。

そして、スペックの拡張性が簡単でスピーディーです。さらにアップデートなどの管理者の負担もない点がメリットと言えるでしょう。

また、デメリットはというと、従量制課金のために、使い方次第でよく使うと高額になってしまいます。

コストに変動がある点がデメリットとも言えます。

解決 どのような企業・サービスがAWSを利用すべきか?

AWSのメリット、デメリットを知った所で、どのような企業やサービスがAWSを利用したらいいのかについてもご紹介します。

AWSは、100種類以上のサービスがあるため、どのサービスを利用すべきかといったことを考えるノウハウの知識も必要です。問題が起きた時のトラブルシュートの技術がユーザーにも必要になります。

そのため、「AWSを利用したいけれども運用知識がない」と言うこともよく聞かれるでしょう。しかし、AWSには、利用サポートや運用代行サービスもありますので使うことが可能です。

忙しい中小企業でIT管理者が少ない企業でもおすすめですし、ネットショップ系SaaS以外の選択肢としてD2CサイトをAWSで構築するのも良いかもしれませんね。

また、コロナ禍などで必要な時だけリモートワーク環境を作りたい企業などにも有効活用できます。

結論 100以上あるAWSのクラウドを使って効率化を

AWSでは、クラウドコンピューティングサービスを初期費用ゼロで従量制課金で利用できる点がメリットです。セキュリティの面でも安心でき、拡張性もあっていいでしょう。

また、100以上あるサービスの中でいろいろ活用できる点がメリットです。どのサービスを活用したらいいのかがわからないほど多くのサービスがあります。利用サポートや運用代行サービスを活用したりしながら、AWSについて学び直してみるといいでしょう。

最後になりますが、主なAWSのサービスを実際にご紹介すると、仮想サーバーを作成・利用できるサーバー環境構築の「Amazon EC2」やオンラインストレージかつ静的なコンテンツ配信が可能な「Amazon S3」があります。

また、管理負担が抑えられるデータベースが利用可能な「Amazon RDS」、サーバーなしで任意のプログラムの実行環境が作れる「AWS Lambda」などがありますので、こうしたサービスを活用することで効率化が図れるようになるでしょう。

今回の記事はお役に立ちましたか?さらにズカイズムでしか手に入らない
eBook「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をダウンロードしましょう!

ズカイズムでは広告・集客業界の情報としてなかなか手に入らない「広告・集客業界 3つの嘘と真実」をeBookとして特別提供しています!
特に経営者の方マーケティング責任者の方必見の内容です。

■eBookの内容
①ネット販売の嘘と真実
②LPの嘘と真実
③CPAの嘘と真実
④それぞれの事例紹介
⑤ダウンロード特典

このeBookは2022年1月末までの限定特別公開となります。この機会を逃すことなくダウンロードくださいね。





    個⼈情報の取り扱いについてはこちら